定着している「起業」イメージ

渋谷といえば、センター街に代表されるように「若者の街」のイメージが定着しています。しかし、一方で以前から「起業の街」でもあります。

渋谷駅を中心として小〜中規模のオフィスビルにまずは若者の起業家が集まり、マークシティやセルリアンタワー、そしてヒカリエが開業してからは幅広い年代層が渋谷で会社を設立するようになりました。

また最近では、松涛や代々木方面に続くNHK周辺の「裏渋谷」といわれる地域にも
目新しい飲食店やファッション雑貨店などが集まり、注目を集めています。

これほどの「起業」ブランドがある場所は他にないと言って過言ではありません。